植樹のやり方

 

皆さんこんにちは、内田勇介です。

 

前回は、桜と紅葉の散策路プロジェクトでの”植樹の写真”をおとどけしましたが、

今回は、具体的な苗木からの”植樹のやり方”を書こうと思います。

(地質調査等の事前準備は省略します。)

 035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<用意するもの>

木の苗・腐葉土・添え木・鹿よけグッズ・ネームプレート (ガーデニングショップやホームセンターで購入)

スコップ・ツルハシ・ハンマー (大きめのもの)

ひも (苗木と添え木を留めるもの)

 (ポリタンクで運ぶ)

シート (堀った土を一時的に置くもの)

トラック (荷台のついたもの)

 

<植樹のやり方>

①植える位置を決める。

 できれば樹間は10m位欲しいところです。

②スコップ・ツルハシで土を掘る。

 穴はできるだけ大きく-深さ約50センチ位、幅約50センチ位。堀った土はシートに乗せてトラックの荷台へ。 

③腐葉土を入れる。

 もとの土質がよくないときは、腐葉土以外にも良質の土を入れます。

④苗木を入れて盛り土する。

 接木部がちょうど地上に出るくらいにします。

⑤ハンマーで添え木を立て紐で結ぶ。

 木の中心部と添え木が10cm~20cmくらいの適度な距離になるようにします。

⑥鹿よけグッズをつける。

 鹿よけネットでもよいですが、今回は鹿よけテープを2か所に貼りました。

⑦水をあげる。

 あげすぎてもよくないので、適量を根元に灌水します。

⑧ネームプレートを書いて添える。

 今回はレンガにマジックで名前を書きました。

 

来年は、また改善する点があればどんどんかえていこうと思っています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です