代表社員挨拶 内田 勇介

内田 勇介

 

ご挨拶

このたびは「税理士法人 TAP」のホームページをご訪問いただきありがとうございます。

私たちは北海道を中心として記帳申告や事業者様の経営を応援する業務を行っております。

北海道は自然や食の豊かな、経済的にも健康的にも素晴らしい土地です。
人が豊かに暮らしているこの地域において、会計事務所の仕事をさせていただけるのは大変幸せなことです。
地域に活かされていることの恩返しができるように、この地域のように内容豊かな会計事務所となれるよう業務に邁進してまいります。

会計事務所は一般的に敷居が高く硬いイメージを持たれがちですが、本来は会計・税金・経営・お金に関わる相談をしやすい身近なパートナー(相棒)であるべきです。
地域で生活を営む人々にとって、お金と経済の知識は大切なものと考えます。会計事務所は日頃の仕事でお金に携わり、地域経済の動向にもある程度通じております。
生きていくうえで必要なお金と経済の知識を、地域の皆様と共有するための情報発信・相談業務を行ってまいります。
地域の子ども達にも、将来に役立つお金と経済の知識をお伝えできる授業や体験の機会を作っていければと思います。

上にも書かせていただいたとおり北海道は素晴らしい地域ですが、そこに住む人々が元気に豊かな生活を営むためには、収入と付加価値を生む仕事が必要です。
地方経済の不景気が続くなか、人口と共に仕事(事業所)の数が減少しております。
新しい仕事が増えることも大切ですが、今ある仕事が残っていくことが現実的に事業所減少を食い止める助けになります。

そのために会計事務所として出来ることは、先代から次世代への資金面・税金面を含めた多角的な事業承継業務、経営状況の厳しい企業が継続するための事業再生業務であると考えます。
事業承継のために人と人の間に立つ努力、事業再生のために経営者の立場からの経営改善手法を導き出す努力をして参ります。

私自身、生まれと育ちは東京でありますが、2008年7月に縁あって移住してまいりました。
知っている方が一人もいない土地で、地域の皆様・顧問先の皆様・事務所の税理士先生・事務職員・友人に恵まれ、この地域で代表者として会計事務所をやっていく覚悟を持つことが出来ました。
事務所を任せて下さった先生方に感謝するとともに、私と家族を優しく迎え入れてくれた北海道への恩返しのため粉骨砕身してまいります。

税理士法人TAP
代表社員・公認会計士 内田 勇介