【コラム】将棋の成功者

 

15歳の天才棋士藤井聡太プロが大活躍しております。

将棋ライターの鈴木宏彦氏は、将棋の成功者は黙々と努力して結果を出すチャンピオンタイプと、

先頭に立って大勢の人を引っ張っていくリーダータイプがあり、

後者は大山康晴十五世名人や羽生善治永世七冠、いずれは藤井聡太六段もと言っています。

羽生七冠は、対局中の昼休みに他の対局を1通り見て歩き、

1局につき数分で情勢を解析、瞬時の判断を繰り返すことで情報と分析が蓄積されたといいます。

大山名人は、努力もさることながら、横断歩道で先頭に立ち、

青信号で3番以内で渡り切ると決め、自分は負けるはずがないという信念を強化したそうです。

(プレジデントより)