【コラム】デキる人

 

安田正・著 『一流役員が実践している 仕事の流儀』(クロスメディア・パブリッシング発行)で、

三流の仕事(略)、二流の仕事、一流の仕事を解説しています。

例えば、

①二流は上司の邪魔にならない。一流は上司を出世させる。

②二流はしゃべりの達人、一流は返しの達人。

③二流は借りを作ったら必ず返す。一流は貸しを作っても忘れる。

④二流は部下の悪い点はいくらでも言える。一流は部下の良い点、悪い点を同じ数だけ言える。

⑤二流は素直に謝罪する。一流は対応策とセットで謝罪に向かう。

⑥部長止まりの人は、リスクの取り方が少ない。役員に上り詰める人は、ギリギリいっぱいのリスクを取る。