【コラム】7割の力



川の水をバケツにくみ、何人かが並んでリレーをしながら火を消す。

このときいちばん早く一定量の水を運べるのは、バケツに7分目まで水を入れたとき。



それ以上でもそれ以下でもない。

これがいちばん効率がよい。



常に10割の力を出して働けば、急な目標変更や仕事の発生に対応できない。

働きすぎは体を壊す。

労働は車の運転と同じく、余計なアクセルやブレーキを踏まず、淡々と続けられる量を守る。



それが長期的な安定につながる。

これは永年「渋滞学」や「無駄学」の研究を続ける東京大学の物理学者・西成活裕教授の話です。

今一度「損して得取れ」「急がば回れ」のことわざを見直してはどうでしょうか。