【コラム】人のマネ



『人を信じても、仕事は信じるな』(大和書房)の著者-小山昇さんはその著書の中で、

小さい会社には小さい会社なりのやり方がある、マネをすることは最高の創造だと

言っています。



小山さんは成果を出した社員のマネをしたら評価する仕組みを作った。

社員はどんどんマネするようになり、いつも周囲をキョロキョロと見渡して、あれは良さ

そうだ、こんなやり方もいいんじゃないか、とすぐにマネをし、良いことの横展開が早く

なり、底上げになり、会社全体がレベルアップした。



やがて、自主的に社外からもどんどん新しいものを取りいれるようになった。

マネを繰り返していると、見る目、判断力が育ち、感性が鋭くなる、と。